こざくら幼稚園 イメージ画像1
こざくら幼稚園タイトル
ブログトップ > そこらへんの自然 > vol.2 メジロの巣
DSCF0905

前回、シュロが登場しましたので、シュロ関連でもうひとつ。

 

これは去年の冬、武田病院正面玄関前のユリノキで見つけたメジロの巣です。子育ての時期(春~夏)に作られたものですが、冬まで残っていたようです。

 

メジロは、幼稚園にもよく来るこんな小鳥。

巣作りの材料として、シュロを使います。

DSCF0556

 

こちらは以前、塔の島で拾ったメジロの巣。

IMG_0530

茶色の毛みたいなのがシュロの繊維。上手に作っていますね。

町のメジロは、シュロだけではなくて、荷造り用のひもみたいなものもちゃっかり利用しているようです。

 

寒い時期のお散歩も、偶然鳥の巣を見つけたりすると、楽しい気分になります。

メジロの巣以外でも・・・

 

木の幹にまん丸い穴!

DSCF7900

幼稚園から徒歩3分、ユニチカグランド前の古い桜の木にコゲラの巣がありました。

 

コゲラは幼稚園にも時々来る、こんなキツツキです。

DSCF9684

 

コゲラは自分で枯れ木に穴をあけて巣を作りますが、シジュウカラやヤマガラは、古くなったコゲラの巣を使って子育てをするそうです。

シジュウカラは、幼稚園にもよく来るこんな小鳥。

DSCF4276

 

ヤマガラは、大吉山の展望台まで登ると、かなり近くで見ることができますよ。

DSCF0604

 

こんなかわいい小鳥たちも、コゲラが枯れ木に作った巣で育ったのかも?

枯れ木にこんな大事な役割があったなんて、びっくりです。

ページトップへ